「キズナアイ×アズールレーン」コラボ実施中

誰でもVtuberになれる「バーチャルキャスト」とは?

この記事は約3分で読むことができます。

皆さんは「バーチャルキャスト」をご存知ですか?

バーチャルキャストとは、ニコニコ動画で知られるドワンゴが、インフィニットループと共同開発した「VRライブコミュニケーションサービス」というもので、

機材さえそろえれば、誰でもVR空間の中でコミュニケーションを楽しんだり、Vtuberのような配信を行ったりすることが出来ます。

また、このサービスはVRでのライブ配信に特化しており、配信者だけでなく視聴者も、VRならではの楽しみ方ができるようになっているのが魅力の一つです。

今回は、そんなバーチャルキャストの魅力について紹介したいと思います。

バーチャルキャストの魅力

好きなキャラクターになれる!

VRゴーグルをかぶり、コントローラを動かすだけで、誰でもバーチャル空間で好きなキャラクターになることが出来ます。

足については、頭と手の位置から自然な位置を推測してくれる仕組みがとられているため、センサーを付ける必要はありません。

ちなみにアバターは固定ではなく、VR空間に居ながらの変更も可能となっており、

ユーザーはキャラクターを変えながら生配信をしたり、VR空間で他のユーザーとコミュニケーションを楽しんだりすることが出来ます。

直感的な操作でアイテムも使える!

バーチャルキャストの特色として直感的な操作があげられます。

両手のコントローラーを使うことで直感的にVR空間上のアイテムを持ったり、使用したりすることができます。

バーチャル空間上のハンディカメラでアングルを変更できたり、

ホワイトボードにペンでお絵描きしたり、配信をより楽しいものにするアイテムが満載です。

凸機能で他人の配信に参加できる!

また、VRヘッドセットを持っている人であれば、他のバーチャルキャストユーザーの配信に乱入することが出来る「凸機能」も用意されています。

賑やかな配信になること間違いなしです。

視聴者もコメント参加ができる!

バーチャルキャストを使ったニコニコ生放送では、視聴者が書き込んだコメントが、配信者のバーチャル空間にオブジェクトとして降ってきます。

これらのコメントはバーチャル空間にいるキャラクターが掴んだり投げたりすることができ、

従来の配信よりも、より配信者と視聴者の双方向的なコミュニケーションができるようになっているのが特徴となっています。