「キズナアイ×アズールレーン」コラボ実施中

1週間で4000人ものVtuberを生んだアプリ「Mirrativ」のエモモとは?

エモモ

8月1日にライブ配信プラットフォーム「Mirrativ(ミラティブ)」が、スマホだけで誰でもVtuberになって生配信が出来る機能「エモモ」を公開しました。

エモモは、まだ一部のユーザーのみに利用が限定されたβ版であるにも関わらず、利用者はわずか一週間で4000人を突破。

Vtuberの人口は倍増しました。

今回はミラティブの新機能であるエモモの紹介と、いち早くエモモを使うための方法について紹介します。

8/29追記

エモモの機能は9月1日に正式リリースとなり、全ユーザーが利用可能になります。

Mirrativ(ミラティブ)とは?

まずはミラティブについて知らない人のためにミラティブがどんなアプリなのか簡単に紹介します。

ミラティブはスマホだけで、スマホゲームの実況が出来る生配信アプリです。

これまでスマホゲームの実況を生配信する際には、PC経由で配信する必要がありました。

そのため、生配信にはスマホの画面をPCに出力させるためのミラーリングソフトや機材が必要でしたが、ミラティブはスマホだけで生配信を可能なので、生配信へのハードルが大きく下がりました。

新機能のエモモとは?

エモモは、Mirrativ内で利用可能なアバター機能で、ユーザーが作ったアバターを配信の際に連動して動かすことが出来るというものです。

アバターは髪型・目・口・輪郭・服・体型を選択することができ、ベータ版の現在においてもその組み合わせは48億通り以上あるそうです。

作成したアバターは、設定した感情に応じて表情や動きが声に連動して動作します。

アバターは配信の際に視聴者の画面下部に表示させることができ、スマホの画面と一緒に動く自分のエモモを表示させることが出来ます。

エモモを使ったゲーム実況

Vtuberのゲーム実況のような動画がスマホだけで簡単にできてしまいます。

ちなみに、ミラティブで行った配信は一定期間自動でアーカイブ保存されるため、それをダウンロードしてYoutubeにアップロードすることもできます。

この機能の公開により2018年7月には4000人ほどだったVtuberは、さらに4000人増加し、エモモ公開から一週間後の8月6日には8000人に倍増したことが発表されています。

Vtuberの増加グラフ
(出所:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000033025.html)

エモモを使うには?

8/29追記

エモモの機能は9月1日に正式リリースとなり、全ユーザーが利用可能になります。

エモモは現在、一部のユーザーに利用が限定されたベータ版となっています。

しかし、新しくエモモを利用する方法が2つ用意されています。

まず1つは抽選です。

抽選への参加方法は、ミラティブ公式による以下のツイートをリツイートし、ミラティブのアプリ内でリツイートしたツイッターアカウントをリンクさせるだけです。

抽選は毎日行われています。

2つ目の方法は「まいにち配信者」になることです。

「まいにち配信者」になるには1日15分以上の配信を7日間連続で行う必要があります。

1週間かかりますが、こちらの方法だと確実にエモモを利用することが出来ます。

エモモを利用したいという方は、抽選に参加しつつ15分以上の配信を1週間継続してみると良いかと思います。

エモモ公式サイト:https://www.mirrativ.co.jp/emomo

ミラティブは一時期、にじさんじの配信を観るために利用していましたが、この新機能はちょっと使ってみたくなりますね。

エモモを利用した配信を行ったら実際に使ってみた感想記事も書いてみようと思います。